魚工場

バサ

学名:Pangasius Hypophthalmus

商号:Swai, Pangasius, sutchi, Hajmal, Basa

記述

Pangasiusは鯰で、メコンデルタにたくさんいる。水の環境によって、バサの肉は色が違う。このバサの味は美味しくて、栄養が豊富である。バサの皮と肉はDHA、COLLAGENがたかく含む。

材料:バサはベトナムのメコンデルタ地域でたくさん飼育される。アンザン県、カントー県、ハウザン県、ヴィンロン県、ソックチャン県、ベンチェ県、ティエンザン県、ロンアン県などである。このバサは池や農牧地や丈の額縁などで飼育できる。

 

風味:バサの肉は多くて、甘くて、それににおいも良いである。

 

バサ肉の構造体:バサの肉が詰まっているから、色々な料理が作れる。焼けるし、炒めるし、蒸すし、とてもおいしいである。

 

品質の保存

18度か18度以下で24ヶ月から36ヶ月ぐらい、バサの品質が保存できる。

Pangasius Steak Frozen Pangasius Frozen Pangasius Fillet

関する情報

バサはHACCPの基準に従って、生産されているので、外国へ輸出されえいる。

栄養の情報

Servings Size 4 Oz (114g)

Calories 96                        Calories from fat 22

                                           % Daily Value *

Total Fat 2.4 g                   4%

Saturated Fat 0.8 g           4%

Cholesterol 10 mg            0%

Sodium 52 mg                     2%

Total Carbohydrate 0 g      0%

Dietary Fiber 0g                 0%

Sugar 0g                              0%

Vitamin A 0.5%                 Vitamin C 0%

Calcium 3%                        Iron 3%

生産工程

 
コンタクト