Dotimexのすり身工場

「すりみ」の歴史と発展

「すりみ」の語源は日本語からで、「sir-ree-mee」という発音される。すりみは昔からアジアで知れているけど、記録の資料によると1100年に日本ですりみが探された。日本人は魚の肉を挽いて、煮えてから、魚の肉が詰まっているのを発見した。もし、すりみは調味料と混ぜして、それから蒸して、かまぼこが作れる。

すりみは手作りの食品加工の技術についての歴史を表わす。りすみの発展は人間の飲食の需要に叶う。それから、すりみはだんだん広く発展して、1970年にアメリカで1980年にヨーロッパでとても有名になった。これから、どこでもの世界中のスーパーですりみが探せる。

挽いた魚の肉から色々な美味しい料理が作れたり、お客様の需要に叶える。

Surimi 10 kgs/ block

すりみについての情報:

魚の種類

     紅馬頭 ( Nemipterus Virgatus )

            Croaker  ( Pennahia Argentata )

            Cá kiểng ( Priacanthus Macracanthus )

            Cá mối    ( Saurida Tumbil )

           Cá chai    ( Platycephalus Indicus )

           Cá phèn   ( Parupeneus Barberinus )

            肉が詰まる: 100/300, 300/500, 500/700, 700/900, 900 up

            湿度: 76% +/-1

            水玉: 10/40gr

            原料

                   清浄な魚の肉: 93.7%

                   さとう: 6%

                   STPP: 0.3%

            包装: 10 キログラム / block / PE x 2 PE/ Carton あるいは お客様の要求に従う。

プロセス技術のチャート

       

 
コンタクト